バッテリー

[`evernote` not found]

120Wのパネルに28Ah(40B19)と52Ah(75D23)の自動車用中古バッテリーを並列で繋いでます。
Ahについてはこちらを参考に
http://www.hi-grove.com/capacity.html
ググってもパネルの大きさとバッテリーの適合サイズが分からないので、文系のおいらとしちゃこんなものかと・・・・Tongue out
晴天の日は11Vまで放電してもお昼には満充電(13.7V)近くになってます。
高価なディープサイクルバッテリーは使いません。

DSC_0198ほぼ容量が同じ中古バッテリーは2,000円。
新品ディープサイクルバッテリーが13,000円ほど。
6倍長持ちして、6倍の容量があるならディープサイクルバッテリーを選択します。
自作ソーラーの先輩の記事
http://oink65.blog.so-net.ne.jp/batt2y#more
こちらを読んでみて「自動車用中古バッテリーでいいじゃん」という結論に達しました。
自作ソーラー発電の費用で大きな割合を占めるバッテリー。
電気代の元をとるまで設置費用はなるべく安くすませないとさ♪
また、三年ごとに高価なバッテリーを買い替えてたら永遠に元がとれなくなってしまう。

バッテリーそのものは10年くらいは使えるそうです。
充放電を繰り返すとバッテリー内部の電極に白い硫酸塩が付着し電気を通しにくくしていきます。
これがサルフェーションという現象でバッテリーの寿命を短くしています。
サルフェーションはパルス充電という方法で除去出来るそうです。
パルス充電器はAmazonで13,000円ほどで売ってます。

が、AC100Vから充電しちゃソーラーの意味がない!!
ということでAmazonからこんなものを買いました。

エルマシステム バッテリー寿命延命装置 のびー太12 12V 鉛バッテリースターター用 のび~太12 NS-12    ¥ 6,500
DSC_0206

DSC_0207

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL