エネルギー政策が変

[`evernote` not found]

今のメガワットソーラーの実情
ほとんど発電した電力は使われていません。
各地にボコボコ出来ましたが、実情は送電網に乗ってない。
じゃ、何故電力会社は買い取るの?という疑問が湧きますね。
簡単です。
電気料金に再生エネルギー買取制度分の価格が上乗せされてるからです。
電力会社の腹は傷まないので家庭用販売価格25円、事業用15円なのに40円や30円で買える。
しかも、割高で買った電気は使えないときた!!
買った電気は送電網に流さない。
というか、流せない。
電気は水と同じように高いところから低いところに流れる。
ソーラーで作った低い電圧じゃ高圧線に流せないんです。
電力会社にとってメガソーラーの電気なんてどうでもいいんです。
メガワット事業者も電力会社も儲かるならと「再エネ買取制度」のことは黙りこんでる。

政府にも電力会社にも「社会を良くしよう」なんて考えはありません。
いかに国民から絞りとるか」しか考えてないとしか思えない。
国民にだけ負担させて使えもしない電気に大金が流れる社会がいいと思う?
僕は決していい社会だとは思えないのだが・・・
これを決めてるのは東大卒の官僚共。
そのバカな官僚共の言いなりになってる自民党とカルト教団!!

資源エネルギー庁もいいこと書いてるのに、実情は産業界だけが得をして国民は大きな負担!!
http://www.enecho.meti.go.jp/committee/council/basic_problem_committee/028/pdf/28sankou2-2.pdf

電気は地産地消に限る!!
壮大な送電網も原子力も必要ない。
各家庭がオフグリッドソーラーをやればね。
そうすれば、今のシステムでも世界一高い電力料金の半分になる。
メガソーラーなんかに予算付けないで、家庭用オフグリッドや地域コミュ用の小さな発電に予算つけたら、送電網や変電所が必要なくなる。
今は何千億円もの補助が税金から流れてる。
官僚は自分の金じゃないので無駄遣い!!

うちの簡単なソーラーでも二年で元がとれる。
DSC_0136

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL