格安SIMのMVNE MVNO相関図

[`evernote` not found]

MVNEとは回線の卸業者
今、実際に店舗でカウンターがあるのはビックカメラヨドバシカメライオン楽天モバイルなど
キャリアから格安SIMにしようとしたら以前はネットからしか出来ませんでした。
今はちょっとした都市なら格安SIMカウンターがあるのでこれからは増えると思いますね♪
そこで知っておいて欲しいのは何処のMVNE(卸業者)が太い回線を持っているかということ。

一般的に評判がいいのはIIJ系。
これはユーザー数に合わせて設備増強を行っているから。
イオンSIM、ビックSIMがIIJ系なので近くにカウンターがあればどちらかを選択した方が無難
あと、今は楽天モバイルも回線の太いSo-netなので新しいユーザーは評判いい。
ただ、古いユーザーは悲惨なbmobile系なので救済策をとらないと評判は悪いままに・・・・

反対に評判がよくないのはfreebit系。
今は日本通信が個人用から撤退することを受けて設備増強してるみたいですが・・・
カウンターのあるヨドバシカメラで勧めてくるWireless GateSIMは解約手数料が高いとかプラン変更が出来ないとか回線が遅いとか不満が多いみたい。
あとカウンターがあるTUTAYAのTONEもfreebit系で個人的には何じゃこれ?という感じ。
基本プランが低速回線で高速回線はオプション、オプションなのに速くないとか・・・
端末は中華なのにバカ高い!!

可もなく不可もなくというのがOCN系。
NTT系で安定感があるのか格安SIMのユーザー数が一番多い。
ま、通常3,000円のSIMカードを無料でばら撒いてるからね〜

あと、ユーザー数が少ないのに有り余る設備を持ってるのはSo-net BIGLOBE mineo

ドコモと直契約のL2接続のMVNOは現在
OCN、IIJ、BIGLOBE、So-net、mineo、日本通信、freebitの7社しかない
この内bmobile(日本通信)は個人向けSIM市場から撤退するので実際には6社の競業
※富士通もL2接続ではあるが自社用の業務使用回線契約。
運用上余った回線帯域をMVNEとしてMVNOへ一部を貸し出している。

■国内主要MVNO相関表■(2016/4)

OCN系(子会社のNTT PCを含む) ・NTT plala ・ASAHINET ・synapse mobile
・FUSION(楽天モバイル 旧プラン)
・もしもシークス(変更)
・FUSION(SANNET) ・pointy ・Tiki Tiki
・nifty(NifMo) ・@モバイルくん。
IIJ系 ・hi-ho ・excite ・DMM ・TNC ・イオン
・Panasonic(Iシリーズ) ・BBIQ-d
日本通信系 FUSION(楽天ブロードバンド 旧々プラン)
So-net ・So-net・FUSION(楽天モバイル 新プラン)
DTI(freebit)系 ・LEQUIOS mobile(freebit)
・tone mobile(freebit) ・TSUTAYA(freebit)
・U-NEXT(freebit)
・YAMADA(U-NEXT) ・PCデポ(U-NEXT)
・Wireless Gate(freebit委託L2接続)
・FREETEL(freebit委託L2接続
KDDI系 ・UQ mobile
富士通系 ・Panasonic(Fシリーズ)
独自系 ・OCN ・IIJ ・So-net ・freebit
・BIGLOBE ・日本通信 ・mineo(aプラン=au、dプラン=ドコモ)
mineoデータ通信/音声通話
OCN モバイル ONE 音声通話+LTEデータ通信
IIJ IIJmio SIM 音声通話
UQ mobile 音声通話

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL