200Wオフグリットベランダ発電構築例

[`evernote` not found]

晴れた昼間はテレビやデスクトップパソコンの電源に使いたいという方の為のベランダ発電構築例。
筆者が安くても高性能で信頼出来るモノばかりと考える機器

200W 24Vでの構築例
僕自身はオフグリットソーラーを知らずに始めたので12Vシステムで運用してます。
ソーラーはなるべく高い電圧で運用した方が効率がいい。
12Vシステムではロスが大きいんですが、知らずに始めたので機器を全部取り替えなきゃならなくなる。
これから始めようとする方には24Vでの構築をお勧めします。
もちろん本格的に構築したいなら72Vとかの方がいい。


200W 単結晶シリコン ソーラーパネル 太陽光パネル ソーラーパネル 太陽電池 太陽光発電 SP200
価格:¥ 28,800> + ¥ 530 関東への配送料
中華パネルなのですが、国産も中華も耐用年数&発電効率は変わりません。

 

MPPTチャージコントローラー Tracer-1210RN
価格: ¥ 9,389
コントローラーは1,000円ほどでも売ってますが、安いコントローラーはPWM方式といってバッテリーに十分電気を貯めることが出来ません。
発電してるのに貯まらないのは嫌でしょ?

 

COTEK(コーテック) 正弦波インバーター 出力350W/24V 周波数50/60Hz 歪み率3%以下 SKシリーズ SK350-124
価格: ¥ 22,607 通常配送無料
インバーターも安いのは沢山ありますが、電子機器に使えないものなので注意!!
安いインバーターをパソコン等に使うと壊れます!!
ソーラー機器では有名な電菱のインバーター製造元ブランドのもの。
電菱インバーターより少し安い。同じものなら安い方がいい♪

 

ACDelco [ エーシーデルコ ] 輸入車バッテリー [ Maintenance Free Battery ] M27MF
価格: ¥ 12,980 & 配送料無料×2個=¥ 25,960

 

後はケーブル類、ベランダに固定するための金具など1万円ほど見込んでおいて下さい。
合計97,286円
10万の投資は二年で元がとれます。
三年目からは昼間の電気代タダだと思って下さい。

 

 

 

以下、自分で一個一個部品を買って組み付けるのどうも??という方のためのセット
が、セットはどれも高い!!


筆者の考えたモノと同じくらいのものがありました。
が、インバーターがすぐ壊れる中華
バッテリーが評判の悪い韓国製
コントローラーが安いPWM方式・・・これじゃボッタクリ


ベランダやキャンピングカーに設置して晴れた日の昼間はテレビに使え、夜間照明3時間程度が使えるセット
最大使用時間というのはバッテリーを空にするということなので半分程度に考えて下さい。
※バッテリーは空にすると寿命が縮まります。

 


ベランダにパネルを設置して晴れた日の昼間はノートパソコン+夜間照明3時間程度が利用できるセット。
140Wで適正価格だとは思うがインバーターが小さいな〜

 


台車にセットされた80Wシステム、屋外イベントなどで小型テレビやノートパソコンが使えます。
バッテリーがそこそこなのでパネルを追加して拡張が出来るかな??
ですが、インバーターは中華の粗悪品なのですぐ壊れるかも?

ミニソーラーシステム・オヒサマデンチ2kw
価格:162000円(税込、送料別)

 


55Wソーラーパネル発電非常用電源キット
晴れた昼間だけノートパソコンが使えるかな?
バッテリーやインバーターの仕様が分からないので何とも言えないが・・・

 


高いだけのセット@国産だから?

 

85Wシステムで16万は高いな〜


30Wパネルじゃモバイルの充電くらいしか出来なのに高すぎる!!

 

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL